★東京へ出稼ぎするのにおすすめな業界とは?(男性向け)

地方の青年、中年男性の夢や希望を受け止めるべき出稼ぎ先、大都市。東京。

ただ、「そこに出れば何とかなる」という時代はとうの昔に終わっており、 現代の出稼ぎには、「明確なビジョン」と「情報収集」が求められると言えるはずです。

ちっぽけな偏見を捨てられる、思考が柔軟な人間になれるかどうか――――。

人生の好転なんぞ難しいと多くの人が思ういま、業界によっては厚遇を得られるところもあると風の噂で聞きました。 ※これは、とある風俗店に勤めるA氏に聞いた話です。

A氏『風俗業界というのはイメージ先行で「ブラック」と思われがちですが、万人にできることじゃない風俗嬢とは異なり、男性の業務は意外に「普通」なんですよ。 何せ主な仕事は受付や電話応対、運転に人の管理ですからね。

それに、ローテーション制とはいえきちんと休みももらえて自分の時間も取れ、何より給与が悪くないんです。 僕の知り合いに某風俗チェーンに入社して5年の35歳が居るんですが、今では年収1500万円を稼ぐ支配人ですからね。

本当に夢のある業界なんです。

30歳以上の転職・中途組がそこまで豊かな人生を、尋常じゃなくブラックな道のりを通らずに手に入れられる可能性がある業界は、正直殆どありません。 飛び込む側が偏見さえ捨ててくれれば、実はイチオシの業界なんですがね。』

おすすめ求人ポータルサイト>> 東京都の高収入!風俗男性求人はFENIXJOB

相棒と共に日帰りサイクリング

私は40代の独身貴族です。仕事に追われている毎日の中で、ふとした瞬間にこのままで良いのかと自問自答する時間が増えてきました。学生時代の友人達のほとんどは、結婚して家族を持っていいるので、自分とはまったく違うライフスタイルを送っています。数年前までは独身の友人達で集まって飲み会などを開いていましたが、それも最近は回数が減り、集まっても同じような話ばかりで盛り上がっているので、あまり意味が無いことに気が付き始めました。何か趣味を作ろうと思い、ゴルフを始めてみましたが、自分には合わないのか、あまり楽しいと感じることはできませんでした。しかし、そんな時に一つのスポーツに出会いました。それはテレビでツールドフランスを見ていた時です。ツールドフランスという存在は以前から知っていましたが、しっかりと見たことはありませんでした。ある時、なんとなくチャンネルを合わせたツールドフランスに目が奪われました。坂道をものともしないで駆け上がる選手、長いレースの中で駆け引きをする選手を見ているうちに、自然と私の手には力が入っていました。気が付くと私はパソコンを開いていて、インターネット通販で20万するロードバイクを購入していました。ロードバイクが届くとすぐに組み立てて、サイクリングに出かけました。長年感じていなかったワクワク感が私を包み込み、少年に戻ったように楽しい時間を過ごすことができました。その日から仕事が休みになると日帰りでサイクリングに出かけるようになりました。購入したロードバイクは自分の好きなようにカスタマイズを行い、次第に相棒のような感覚になっていきました。自分のことをスポーツには向いていない人間だと決め付けて、社会人になってからはスポーツをしない生活を送っていました。しかし、テレビでツールドフランスを見て、ロードバイクを購入してから私の人生は一変しました。何もやることが無かった休日が充実したものになり、日本各地にサイクリングに行くようになりました。ロードバイクを通じて友人もたくさんできました。友人達とチームを作り、ライングループも作りました。40代になってここまで夢中になるものが見つかるとは思いませんでした。今後は筋力トレーニングを行い、持久力もアップして、アマチュアの大会などに参加したいと考えています。近いうちにツールドフランスなどの、海外の有名なレースを直接観戦したいと思います。

サークル仲間に誘われフットサル。体ガタガタ

子供のころ、社会人はなぜあまり運動をしないのか疑問に思っていました。自分は部活動で汗を流しているいっぽうで、大人はろくに運動をしていない人が多かったです。そのせいかわかりませんが、30歳を超えると男であればお腹が出てくる人が多いです。妊娠何か月なのか聞きたくなるぐらいの出っ張り方です。一方女の人は、化粧が濃くなってきます。そしておなか周りも太くなり、まるでプロレスラーやドラム缶のような人も少なくありません。
子供のころは、なぜ大人になるとあそこまでだらしない肉体になってしまうのか疑問でした。ですが、このなぞは自分が大人になってから解けた気がします。まず運動しません。運動する時間がないのです。よく、ダイエットするためにはウォーキングをしたり、マラソンをすればよいと言いますが、ウォーキングやマラソンをする時間すらありません。ほんの少しの時間がもったいなく、体を動かしている時間があれば、家に帰ってテレビを見たり寝たりしたいです。つまり、人から何かを命じられなければ基本的に人間は堕落していく傾向があるようです。もちろんこれは自分だけではないと思います。恥ずかしい体形になっている大人の多くは自分に甘いのでしょう。言い訳をする技術だけ発達し、結果的に体は退化していくように感じます。
次に食べ物です。大人になって酒を飲まない人はそれほど問題ありませんが、お酒を飲むようになるとたちまちビール腹になる人が多いでしょう。基本的にお酒に合うおつまみは脂っこいものが多いです。居酒屋で頼む料理をすべて計算してみると相当なカロリーであることがわかります。しかも味が濃いため、体脂肪が増えていく傾向があるわけです。
このように、見事に大人の欲望から抜け出すことができない自分は、もはや体力が0かもしれません。ある日友達からフットサルに誘われました。中学と高校はサッカー部に所属していた私ですが、フットサルぐらいなら簡単にできるだろうと思い、たかをくくってフットサルを始めました。ところが3分と走ることができません。この時はじめて私がウルトラマンであることを自覚したわけです。いや、もしかしたらウルトラマンのほうが魅力的でしょう。なぜなら、私のようにお腹が出ていないからです。
あまりにも体力がなかったことはショックでしたが、それ以上に学生時代の6年間のサッカー生活は一体なんだったのだろうと思うようになりました。それから私は本格的にお酒をやめて、毎日1時間ずつウォーキングをしています。

結婚をスキップして子どもが欲しい

40を過ぎて、収入もそれなりにあり、一人の生活にも慣れてきました。逆にこれから結婚となると、お互いの家同志、親戚付き合いなど、煩わしいことが増えるのだろうと考えると、もう結婚はしなくていいかと思ってしまいます。実際、同僚の夫婦仲は比較的よいと思っていた夫婦がいて、その同僚と一緒に飲みに行きました。彼は子供が生まれてゴルフはやめ、休日は家族のために一生懸命努力していたようです。休みがあれば遊園地に家族を連れて行ったり、学校行事にもすべて参加、運動会には朝5時に起きて場所取りに並び、子供の誕生日には必ず旅行に出かけるような理想的な家庭だと思っていました。しかし、実際には子供は成長していくもの、思春期に入れば特に女子は父親は邪魔な存在とでも言わんばかりの冷たい態度、洗濯物は一緒に洗うことを禁じられ何かと女の子には父親は煙たがられるようです。逆に男の子は男同士での話や付き合いなども理解があり、仲良くしているようです。奥さんは専業主婦で子育てもひと段落して、ホットヨガだの、アロマの勉強だの、フラダンスだの、好きなことをして楽しんでいるようです。彼が言うには、自分の家族は自分の犠牲の上にスムーズに流れている。そして、自分はやりたいことをやめて家族のために働き、そして忘れ去られていくと嘆いていました。お酒も入っているからかもしれませんが、やはり、家族を支えていくことは少なからず困難が待ち受けており、ある程度の犠牲が必要なのだと思い知らされました。そんな話を聞いていると、確かに子供の成長は生きていく活力になる、出来れば結婚はスキップして子どもが欲しいと少し思ってしまいました。もし結婚したとしても妻はしょせん他人、血のつながりもなければ恋愛感情もいつかは冷めてしまう。一方で子供は自分の分身です。血のつながりもあれば、その成長をみていく困難と楽しみが同居していて、一人で生きてゆき年老いて孤独な老人となるより、よっぽど人生の彩を与えてくれるのではと感じてしまいました。ただし、結婚はできればスキップしたい、いくらきれいで優しい女性でも時間がたてば、子供を産んでしまうと一気に見た目も性格も変わってしまうこともよく聞いてきましたから。幸い、時代は変化しています。かつてはシングルマザーなんて言うと白い目で見られた時代も社会も多様性が認められるつあり、様々な生き方に理解を示してくれるようになってきました。そんな社会で未婚の父親がいてもいいじゃないか、なんて想像してしまいます。

名ばかり管理職!休日出勤しまーす

私は食品メーカーに勤めていて、現在管理職という立場にいます。管理職というと「偉い」、「仕事が楽そう」などとよく言われるのですが、実際はそうでもないです。管理職といっても社長ではないので、もちろん上司がいます。私の直属の上司には専務がいて、その上には社長がいます。なので、私も上司に管理されている状態です。私の会社は食品メーカーなので、新製品の商品化をするかどうかの会議が頻繁にあります。私の主な仕事は、食品開発部が開発した新製品を試食して、商品化するか否かを決定することです。責任重大なポジションにいることで、常に緊張感を持ちながら仕事をしています。食品開発部は毎日残業して、忙しい時期は休日出勤もして新製品の開発を行っています。できればすべて商品化してあげたいですが、そういう訳にもいかないのです。食品開発部の頑張りは私にも伝わるので、私は私で休日出勤をして新製品の試食を繰り返しています。入社時、私が最初にいた部署は食品開発部でした。毎日試行錯誤を繰り返して、上司に怒られながら成長しました。今は私がその上司の立場になったのですが、部下を怒ることはできないです。なぜならば、自分が怒られたときを思い出すからです。そして、怒られたからといって良い仕事ができるかというと、そうでもないのを知っているからです。私は風通しの良い、意見を言い合える環境を作ってあげたいと思っています。そのためにも怒るのではなく、まずは部下の意見を聞くことを優先します。意見を聞いたうえで、アドバイスを送ります。私は管理職というポジションにいますが、できるだけ開発の現場に顔を出すようにしています。私は元々は開発の現場にいたので、やはり開発の現場にいる方が落ち着きます。デスクに座りっぱなしで、パソコンとにらめっこしたり、数字ばかり見ているのはやはり向いていないようです。休日出勤する理由も、忙しいからと自分に言い聞かせていますが、実際は休日にやりたいことも無いからです。仕事好きといえば聞こえは良いですが、逆に言えば仕事くらいしかやることが無いのです。私は有名な大学を卒業した訳でもないですし、特別な能力がある訳でもないです。それでも私を信頼して、このポジションを与えてくれた今の会社に感謝しています。目の前の仕事に全力で取り組んできた結果、周りの人に信頼してもらえたのだと思います。今のやりがいは、会社の業績を上げることと、部下の成長を見守ることです。

貯金するだけしたら実家に帰っちゃおうか

はっきり言って今勤めている会社にはウンザリしていて、今すぐにでも辞めたいなという気持ちです。上司の言っている言葉が意味不明で、こっちも一体どういう風に仕事をしていけばいいのかサッパリ分からないのに、いつも怒られるのがこちら側で嫌な気持ちになります。もうこういう上司の元では仕事をしていく自信がなくなってきつつあります。そろそろ辞め時かなと思う今日この頃です。同僚などに相談すると、今の不景気の世の中で会社を辞めてしまうと、次の再就職先を探すのがとても大変だぞと言われますが、しかし実は私は実家が農業をやっていて、その農家を継ぐという選択肢もあるので、会社を辞めてもそんなに路頭に迷うような心配はあまりないのです。まあ、こういう余裕が心の中にあるので、嫌な上司にいびられても、あまり精神的に追い詰められないということも実はあったりします。ただ、今の会社は給料はそこそこいいので、もう少しいて貯金をしたいなとも考えています。若い頃はまったく貯金なんてしていなくて、全部酒とギャンブルに注ぎ込んでしまっていましたが、自分もそろそろ40代後半なので、結婚することも真面目に考えないといけないなと思っています。結婚するにもやっぱりお金が必要ですから、せめてまともな結婚式を挙げるだけのお金と、あと住宅ローンの頭金くらいは貯めておかないといけないなと考えています。でも、実家に戻るとなれば、家を買う必要はないので、ローンの頭金はべつに貯めておかなくてもいいかなという気はするんですが、でも、やっぱり親の家に居候するのもちょっと嫌だなという気持ちはあります。だいたい、新婚夫婦が実家にいるとなると、親も色々と気を使うでしょうし、嫁の方も舅と姑にあれこれ指図されて面白くないと感じると思うので、安くてもいいのでアパートかマンションでも借りて、そこで住むのが一番かなと考えたりもします。それにしても、最近貯金をボチボチするようになって気づいたのですが、日本の金利は異様に低いなと感じます。数十万円しばらく預けておいて、ついた利息が数十円とかで、馬鹿みたいな金額だなと思います。銀行はこっちが借りるときは滅茶苦茶に高い利息を取るくせに、こちらが貸してやったお金にはほんのちょっとしか利息をつけてくれないので、なんとも不公平な話だなと憤りを感じます。もう銀行なんかに預けておくよりも、稼いだお金を全部仮想通貨にでも突っ込んでみようかなという気になってしまいます。

恋愛したくないわけじゃない

僕は、40代の独身サラリーマンです。僕としては、今仕事に遊びに充実した毎日を送っています。しかし、周りは最近うるさくなってきました。というのは、早く結婚をしろと親がうるさくなってきたのです。

僕としては彼女が欲しくないわけではありません。恋愛には夢もあり憧れてもいます。しかし、この人と思う人がまだ現れないのです。時々いいなあと思う人もいます。しかし、そのような人には必ず彼がいます。

あまりに周りがうるさいので、見合いでもするべきかなと思うのですが、見合いには何だか抵抗があります。一度会ってしまうと断れないような雰囲気が嫌なのです。見合いのように最初から結婚を前提にではなく、もっとドラマティックな出会いで、恋愛をしたいと思うのは僕のわがままなのでしょうか。

この様な気持ちを親に伝えると「いつまでも子供みたいなことを言わないで」とお叱りを受けてしまいました。自分の気持ちと親の気持ち、どちらを優先させるべきなのか悩みます。親の期待通りにしないのは、もしかして親不幸者?と自分を責めたりもします。親も結構いい歳だし、孫を見て安心したいのだろうけれども、僕としてはまだ自由でいたいという気持ちが強いので、今はどうしようもないのです。

仕事は楽しいし、飲み友達や趣味友達もいるし、彼女がいなくても全然寂しくはないので、どうするべきか悩んでいます。彼女が欲しくないわけではないけれども、恋活するほどの熱量は今の自分にはまだないのです。恋活のように焦って相手を探すより、もっと自然に相手を見つけることはできないのでしょうか。気の合う素敵な女性と出会ってゆっくりと恋を育んでいきたいと、この年齢で考えることはもうNGなのでしょうか。

きっと僕のように恋愛を望む人はいると思うのですが、僕の家族には理解者がいません。まあ、友人は僕と似た考え方をしているので会って話をすると救われるのですが、家族に理解者がいないのは結構辛いものがあります。

しばらくは、家族がそのように言おうとも、まだ独身の生活を楽しもうとは思っています。自分が描いている夢のような出会いにあきらめがついたら、恋活も考えていくとは思います。しかし、今はまだ、その時ではないと思うので自分の気持ちに従うと仕方がありません。

親に会うと必ず「早く彼女を作れ」とうるさい話になるので、なるべく親とは接触しない生活を送ろうと思っています。僕の人生だからそっとしておいてほしいと思う今日この頃です。

成人男性

同級生の子どもが成人してるとな

高校卒業してから10年以上経過すると、いつの間にか結婚している人が増えます。
その中で自分は相変わらず自宅でダラダラとし、時間があればゲームをしています。
当時は、友達同士で楽しんだゲームも、今では自分しかやっている人はおらず、自分はたった一人同級生の中で取り残されたようです。