やるならサッカー、観るなら野球

サッカーも野球も好きなのですが、やるならサッカー、観るなら野球ですね。
野球をすること自体も嫌いではありませんし、むしろ好きだったりするのですが野球の場合には道具が必要ですし、人数も揃わなければできません。
サッカーの場合には最悪ボールがあればなんとでもなりますし、ゲームに関しても必ずしも1チーム11人揃えなければならないということもないだけに柔軟性があって楽しみやすいです。
野球だとポジションが埋まらないとゲーム性に問題がでてしまいますが、サッカーであれば人数が少ないならボールに触れる機会が増えるだけに運動不足のサラリーマンが楽しむスポーツとしては最適です。

これが、観る方となると断然野球観戦が上でサッカーを圧倒的にリードしています。
サッカーはするのは面白いのですが、サッカー観戦は別にそこまで面白いと思うものではなく、どちらかと言うとあまり興味はありません。
ワールドカップのような世界的な大会だと一応観てみたりしますが、元から興味がないだけに特に盛り上がったりすることもないです。

それに対して野球観戦は興味があるということもありますが、観ていて面白く勝っても負けても楽しいので、観るなら野球だなという気になります。
やはり、データ量が多いだけに様々なパターンを想定して自分も監督になったつもりで、観戦をすることができるのが良いです。
団体競技ではありますが、投手と打者の一対一の対戦という側面もありますから、ミクロな視点での勝負も楽しむことができ見どころがたくさんあります。
攻守が別れているので適当に目をはなすことができるポイントが有るというのも、常に凝視を続けなければならないということがないので野球の良いところかなと感じます。
そして、何と言っても飲みながら観戦をするのがとても楽しくて、仕事帰りに疲れて帰ってきたところで冷たいビールを飲みながら野球観戦をするというのはこれ以上にない幸せだったりします。
贔屓チームはあるにはありますが勝敗よりも試合の流れや展開を読んでいくのが面白くて見ているので、気軽な気持ちで観戦をすることができるもの良いです。

世の中には観るならサッカー、やるなら野球という自分とは逆の人もいるのでしょうが、自分は断然やるならサッカー、観るなら野球です。
サッカーはシンプルで気軽にできるだけにやるには最適ですし、メリハリがあって戦略を楽しむことができる野球は観るほうが向いているような気がします。