通勤中の読書を電子書籍に切り替えるべきか

通勤中の電車の中で読書をするのが好きです。けれども最近、電子書籍に切り替えるべきかどうか迷っています。とにかく本が好きですし、紙が好きなので今の今まで電子書籍には興味がありませんでした。スマートフォンの小さな画面で本を読む気にもなれませんし。けれども最近、電車の中で専用端末を使って本を読む人が目に留まるようになりました。たぶん今までもそのような人はいたと思います。けれども何かの拍子に、つい目が行くようになったんですね。私の場合はバッグに何冊か本を入れていますし、メモすることも好きなので手帳やメモ帳もいくつか入れています。そのバッグの重さに加えて、立ったまま本を読むというのは正直に言って疲れます。紙が好きでも重いんですよね。だからかもしれません、電子書籍に興味を持つようになったのは。たったひとつの端末を持っていれば、何冊も本を持ち歩かずに済むのは魅力ですよね。私はその時の気分によって、読む本をかえています。そのために何冊も持ち歩いているわけですが、とにかく重いんです。けれども電子書籍ならばそのような思いをせずに済みます。また専用端末も、紙のような視認性があるので、スマートフォンとは違って目に優しいようです。長く読んでいても疲れないみたいですね。ただ気になる点もいくつかあります。まず新刊の場合、出版されてから電子化されるまで時間がかかる場合があります。欲しい本がなかなか電子書籍として出ないこともあります。また雑誌も良く読むのですが、雑誌は専用端末といえども読みにくい気がします。そして何よりも家の本棚に置いてあるコレクションを見て楽しむということができなくなるのは寂しいものです。本は読むだけではなく、陳列したその背表紙を見るだけでも満足感があるんですよね。これまでに読んできた歴史を実感するというか、満足感が感じられます。けれども電子化されると、重さは当然関係なくなりますが、これまで読んできたという歴史が感じられなくなる気がします。読むということだけにフォーカスすれば非常に便利なものですが、本というのは存在感そのものも楽しめるものだと思います。それが無いというのは、何とも寂しいものです。天秤にかけることはできませんが、どうしてもその点が引っかかって切り替えることに踏み切れません。とは言っても、これまで買った本を全て家に置いてあるわけではありませんし、物理的にスペースが無くなれば処分もしています。そう考えるとそのうち、こだわることなく利便性を優先して切り替えるかもしれません。