40代は1個くらいバツがついている方が信用されるらしい

40代で独身をしている男性、今どきの社会では普通に沢山存在します。職場にも40代独身は結構多くいるので、たまに仕事帰りに一緒に飲みに行ったりしています。飲みながら、お互いの結婚観なんかについて話し合う事もあるのですが、その時必ず持ち上がるのが、バツイチ男性の話。彼等は、意外とモテるんです。なぜなのでしょう。独身男性は、戸籍も汚れていない潔白の身。女性達が喜んで飛びつくだろう!と自信だけはあるのですが、違うようです。職場の女性達にこの矛盾について聞いてみると、それはバツイチ男性の魅力にあるらしい。いくら独身で戸籍が真っ新な潔白の身であっても、魅力が無ければ意味がないらしい。それに、そんな潔白の身が通用するのは20~30代くらいで、それより後はキモイとか何とかかんとか。40代の独身男を目の前に、ずいぶん失礼なコトを言ってくれましたよ。
彼女らが言うには、40代を超える程の年齢になったら、恋愛や結婚の経験が豊富で、女性の扱いに慣れているはずと思っているそうです。バツイチという事は、一度は恋愛してプロポーズして、結婚しているわけでしょう。女性と生活した経験もあるはずで、上手く行かなかったのは別として、女性の色々な面を見て来たから、デートする時も上手にエスコートしてくれそう。などと言っていました。
そうか。なるほど。確かにそうかもしれませんね。40歳を超えると、それなりに恋愛経験はあります。でも、プロポーズするまで発展した事はないし、女性と生活を共にして、お互いのバランスを考えるなんてまるで経験のないことです。デートの経験はあるけれど、エスコート?と考えてみるとですね。ホストではないので、それは無理です。
田舎に住んでいる両親は、近所や親類から、息子さんはまだお独り?というような質問を挨拶代わりにされる様で、うんざりしているそうです。母親は、とりあえず結婚してみたら。相手に離婚されたらそれはそれで良いから、などと無茶苦茶な事を言い始めました。もう、どうでも良いから一回は結婚して欲しいみたいですね。
とりあえず、誰でも良いから結婚してみたらなどと言われても、そう簡単にはいきません。誰でもと言っても、相手の気持ちもあります。失礼ではないですか。一度結婚生活を経験したバツイチの男性は、意外と信用される。しかし、バツイチになるには、一度結婚しなければなりません。そこへの道のりが、大変長いのです。