成人男性

同級生の子どもが成人してるとな

高校卒業してから10年以上経過すると、いつの間にか結婚している人が増えます。
その中で自分は相変わらず自宅でダラダラとし、時間があればゲームをしています。
当時は、友達同士で楽しんだゲームも、今では自分しかやっている人はおらず、自分はたった一人同級生の中で取り残されたようです。

同級生が結婚し、子供が生まれる人もいます。25歳ぐらいで生まれた子供は、自分が45歳のときにはすでに二十歳になっており、自由気ままに過ごしていた自分のあのころを思い出します。
人間は、35歳までに生き方を決めるといわれていますが、すでに45歳になってしまえば、今までの自分の生活をただ延長していくしかなさそうです。つまり、自分を変えたければ35歳までに行動をしておかなければいけません。
自分と結婚して子供がいる友達の間に出来てしまった差はとても埋められそうにありません。最初から就職をしておけば困らなかっただろうにと思う時もあります。私は一度20歳の頃、会社に入りましたが、すぐにやめてしまいました。何となく引きこもってしまい、嫌なことから目をそらそうとしていたのです。10年たってようやくアルバイトができるようになり、今はコンビニエンスストアの夜勤をしています。コンビニエンスストアで働いていると、20歳ぐらいの若者がアルバイトでやってきて、自分と同じ時間帯のシフトに入ることもあるため、ただが気まずいです。この20年間をどのように埋めたらいいのかいまだに自分ではわかりません。
頑張れば何でもできるといいますが、その頑張る気力がなくなってしまったのです。とにかく、収入が少なくてもいいので、今の生活を続けて何とか生きていくことだけを続ける必要があるでしょう。
そんな私は、最近投資を始めました。投資といってもそれほど資本金が必要なものではありません。少なくとも今の収入だけで生活するとなると、働けなくなった時点で人生が終わってしまうため、投資で少しでもお金を増やそうとしたのです。自分のストーリーとしては、投資をしたお金が一気に1000倍ぐらいに増え、お金持ちの生活をしている筈でしたが、実際は投資がうまくいかず、結局お金を溶かしただけでした。
45歳まで20歳のころから変わらずアルバイトで働いているとすれば、この先結婚する機会もないでしょう。両親も生きていますが、やがて業種も自分をおいて亡くなるかもしれません。ですが、少なくとも自分の人生は少しでも後悔しないように生きなくてはならないと思ってます。